断捨離と私 nobi’s-diary

断捨離はじめました。

処分方法ロジック

断捨離あるある。

今までの人生で溜め込んだものを一気に吐き出すために、断捨離中は自然と処分が必要なものが大量に出てくる。


もちろんほとんどがゴミ。

 

そして困るのが処分方法。

元お気に入りのそれらとの上手な別れ方である。『後ろめたさ』やら『未練』やら、色んな気持ちをないまぜにしたままだとしても、キッパリ決別しなくてはならない。

 

最も簡単なのはゴミに出しちゃう法だ。

ゴミ袋に詰めるにいいだけ詰めてゴミの日に出す、である。首尾よく進めば爽快感はもの凄い。しかし、この方法はとてつもない後ろめたさに心を破壊される危険性がある。

 

次に思いつくのが、ダンボールに詰めて丸っとリサイクルショップに送り付ける方法だ。

たいがいのリサイクルショップは無料でダンボールを用意してくれる。送られて来たダンボールに不用品を詰めて着払いで送り返すだけ。しかも、買取査定額が気に入らない場合は送料無料で返却してくれる。

なんて神対応

コレを利用しない手はない。

かくいう私も数回利用している。そして9割方返却してもらってる。悪魔のような所業だ。

だって査定額安いんだもん。

 

 

f:id:nobinobichan:20170518183337j:plain


損得を考えると、リサイクルショップに買い取ってもらうのが一番良いのだけど、査定額が低すぎるのが悲しい。

それなら覚悟決めて自分でゴミに出した方がスッキリしそう。

そりゃ楽な方が良いに決まってる。

 


『古い服』
『着ない服』
『溢れるアクセサリー』
『聞かないCD』


不用品は色々あって買い取ってくれるお店も様々だから、ジャンルの数だけパッキングと発送が必須。

とにかく面倒だ。

 

根気のある人にモッテコイの方法が、最近人気のフリマアプリだ。

ネットオークションよりも簡単な印象。しかも結構売れる。捨てるのが惜しいものはコレを利用するのも良い。写真を撮ってチョチョっと入力するだけで出品できるからとっても簡単。手数料が気になるけれど、リサイクルショップの低価格を考えたら納得できる。

しかしこれも問題はある。

売れるまで在庫としてそのままの状態をキープして保管しなくてはならない。今すぐ手放したい断捨離中の身にはかなりツライ。

売れたら売れたで大変だ。それなりに丁寧にパッキングをして発送するという仕事が待っている。

費用対効果とか言い出したら荷物出しに行く手間で下になりそう。

それでも売れると嬉しい。

かなり嬉しい。

軽く小躍りするほどに嬉しいから結局やめられない。でも全品処分価格にして売るのは面倒だ。

 

少なからずお小遣いが手に入る『不用品は売る』方法のが良さそうに感じるかもしれないけれど、私は一時の収入に騙されてはいけないと思う。断捨離を始めた当初の目的は、心身ともに身軽さを得ること。決してお小遣いを手に入れることではなかったはずだ。

処分方法を選び損ねると元の木阿弥、堂々巡り、無限地獄になりかねない。

 

もちろん私もフリマアプリを利用している。けれど、のべつ幕なしではない。売れる気がする物だけ出品していて(誰か買って〜)面倒だと感じる物はゴミとして捨てる。

この合わせ技が今の所一番私に合っている。飽きずに続けられる上手い処分方法だ。

他に良い処分方法あるかなぁ。