断捨離と私 nobi’s-diary

断捨離はじめました。

断捨離本と私

やっと本が届いた!

 

 

Kindleには無かったから紙の本を注文して届くのを今か今かと待ちわびた、断捨離を進めるための教科書がやっと届いた。

 

このタイトルとステキ表紙絵に惹かれてポチたんだコレ。

 

 

 

『服を買うなら、捨てなさい』地曳いく子

 

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

  • 作者: 地曳いく子

 

 

さっそく読む。とりあえず前置きをさらっと流し読みして、スルッと本題へ!

 

この本の著者地曳いく子さんは、いかに現代女子が服を抱え込んでるかをサラッと訴えている、らしい。

 

どうやって処分を進めるか、まで読み進んだところで私の気持ちはスッキリした。

 

覚悟が決まった。

 

 

 

今日はちょうどゴミの日なので、廊下にあるゴミ袋の山をさっさと出してしまう事にしよう。ウズウズグスグズしていても時間が勿体無いので一旦本を置き、ついにゴミ袋と決別する。

 

「さよなら」

 

思いのこもった物を捨てるときの口癖がここでも出てきて苦笑いしてしまう。

 

 

 

不用品の処分を終えるとこんなにも清々しい気持ちになるんだ。なぜか少し強くなった気までする。不思議だ。

 

なんだかもっともっといらない物を処分したくなって来た。この爽快感はクセになるかもしれない。

 

危険だ。

 

たぶんだけど近い未来、さすがの私も断捨離を終える時が来るはずだ。その時には潔く手を引くことを、今から肝に命じておく必要がある。

 

だって、もしも私が晴れてミニマリストになれた時に、この爽快感を味わいたいがために無理に処分を続けてしまう危険性があるからだ。

 

気をつけねばならぬ。

 

がしかしそれは今ではない。

 

今はまだ、全然その時ではない(苦笑)

 

 

 

とりあえず廊下がスッキリしたわ。

 

 

 

さーて、続き読ーもうっと。

 

 

 

『服を買うなら、捨てなさい』地曳いく子

 

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

  • 作者: 地曳いく子